予約する 今すぐ電話

ぎっくり腰「ストレッチ」を行うと痛みは改善するの?

「ぎっくり腰になったらストレッチを行うと痛みは改善するの?」と患者さんに聞かれる事がよくあります。

結論から申しますと、ぎっくり腰になったらストレッチは絶対に行わないで下さい。

ぎっくり腰の状態でストレッチを行うと、傷口は広がり痛みは悪化して逆効果になります。
また、ぎっくり腰になりかけの方もストレッチを行うと痛みは悪化する可能性が有る為、同様に行わない方がよいです。

 

痛いという事は細胞レベルでは傷口になっています。

そんな傷口に対してストレッチを行うと、傷口が開いてしまいます。

そして、いつまでたっても傷口はくっつく事がなく、結果、痛みが長引きます。

 

応急処置のオススメは氷でのIcing

 

 

 

ぎっくり腰の予防としてストレッチは有効?

人のカラダは柔らかすぎても良くありませんし、また硬すぎてもダメ。

何事もニュートラルな状態がベストです。

よって、体の柔軟性が失われている人にとっては、ぎっくり腰の予防としてストレッチは有効です。

 

 

 

ぎっくり腰のストレッチは「いつから」やっていいの?

ぎっくり腰が治ってきた回復期には、ストレッチを少しずつなら行っても大丈夫です。

ただし、いきなり腰のストレッチを行うと悪化する可能性があります。

よって、まずは下半身の筋肉から徐々に行うようにしましょう。

下半身裏側の筋肉の柔軟性が良くなると、それだけで腰への負担は軽減します。

 

<ぎっくり腰再発防止の簡単予防ストレッチ>

① もも裏の筋肉 (ハムストリングス) のストレッチ

まずは、仰向けになってストレッチしたい側の膝を抱えて下さい。

その際、もう片方の足は伸ばしておき、さらに背中も丸めずに伸ばしておいて下さい。

そして、抱えた膝をおなかにゆっくりと近づけながら、もも裏の筋肉 (ハムストリングス) が気持ちが良いと感じる“ ジワ~ ” という強さでストレッチして下さい。。

 

もも裏の柔軟性が得られと、前かがみした際、腰への負担が軽減されます。

また足を伸ばした側の鼠蹊部の筋肉(腸腰筋)もストレッチする事が出来ます。

腸腰筋の柔軟性も得られると、腰を反った際、腰への負担も軽減されます。

 

 

② ふくらはぎ (腓腹筋・ヒラメ筋) のストレッチ

立ったままで足を前後に開きます。

前足は、膝は軽く曲げます。

そして後足の膝は伸ばし、かかとを床に着ける様にして、ふくらはぎ (腓腹筋・ヒラメ筋) をゆっくりと伸ばして下さい。

 

ふくらはぎの柔軟性が得られと、前かがみした際、腰への負担が軽減されます。

またふくらはぎは第二の心臓といわれ、腓腹筋のポンプ作用で下半身の血液を心臓へ送り返し、足のむくみも改善します。

足のむくみでお困りの方も是非、試してみて下さい。

 

 

ストレッチする際、反動はつけない

もも裏のハムストリングス、アキレス腱、ストレッチする際は、共にあまり反動はつけない様にして下さい。

「ジワ~」と気持ち良い強さで伸ばしてみて下さいね。

 

 

ストレッチするオススメの時間帯

夜のお風呂入浴後、筋肉の血流が良くなった状態の時に行うのがオススメです。

就寝前にストレッチを行う事で一日の疲労も取れやすくねり、翌朝もすっきり気持ち良く起きられると思いますよ。

 

 

 

< ツライ腰痛でお困りの方は、是非こちらも御覧下さい >

「ぎっくり腰」になったら湿布を貼れば楽になる?

デスクワーク時の腰痛で困っている方へ

ぎっくり腰になったら「冷やす」or「温める」?

強い腰痛は 温めない! イスに座り続けない!

慢性的な腰痛でお困りの方へ・・・

この痛みは「温めるの?」それとも「冷やすの?」

整体ならバランス整骨院 幡ヶ谷 幡ヶ谷のバランス整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3299-7778

Tel03-3299-7778
タップして電話する

〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2-9−15
幡ヶ谷駅 (京王新線) から徒歩3分

ページトップへ戻る