ネット予約する 今すぐ電話

五十肩 気を付ける事

今日は肩が痛いという患者さんがご来院。

先月重たい椅子を持ち上げた際に肩を捻り、以後徐々に痛みが強くなったとの事。

現在は手を挙げた際や更衣動作時に痛みが有り、夜間痛も(+)。

肩峰下圧痛(+)

外転・屈曲・外旋時の可動域制限と可動時痛(+)

impingement(+)

painfularc sign(+)

今回は典型的な五十肩の症状でした。

治療では肩関節の整復と周囲の調整を行った所、痛みは軽減。

最後はテーピングで固定。

今後はしばらく痛みが続く事と、日常生活で気を付けるべき事もご説明。

手前味噌ですが、肩の疾患は整形時代、特に重点的に行っていたので得意。

しばらくの間、経過を診させて頂こうと思います。

 


就寝時の痛みが強い方のお薦めの寝方


横向きで寝る方は・・・
痛い方の肩を下にして寝ると、痛みが悪化する場合が多い為、必ず痛い方の肩は上にして寝る。


上向きで寝る方は・・・
痛い方の「肩~肘~手」の下に柔らかいバスタオルを敷いて、その上に腕全体を乗せて寝る。
肩への負担がかなり軽減して、就寝時の痛みが軽減します。

整体ならバランス整骨院 幡ヶ谷 幡ヶ谷のバランス整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3299-7778

Tel03-3299-7778
タップして電話する

〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2-9−15
幡ヶ谷駅 (京王新線) から徒歩3分

ページトップへ戻る